なんとなく伊右衛門と綾鷹の特徴を調べてみた

どうもひでおです。


お茶って美味しいですよね。

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__) なんだ急に
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     | なんとなく思いついたから記事にしたおww
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─–⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

僕のお茶の歴史は、綾鷹に始まり伊右衛門を引き継ぎ、今は割とどっちでもいいです

ただ、2Lペットボトルを買うときは、絶対に綾鷹か伊右衛門は買わないと決めています。

理由なんですが、その2つは酸化?の影響かわからないんですが、一回キャップを開けてから酸っぱくなるまでが早い気がするんですよね(;´Д`)

おーいお茶だとキャップ開けてから飲み切るまで時間かかってもあまり味が変わらないんですが・・

なので、2Lで買うときはおーいお茶か麦茶にしています。

一方、キャップを開けた直後の一口は、伊右衛門と綾鷹が断トツですね(=゚ω゚)ノ
まあ、断トツとはいっても、他は生茶かおーいお茶かコンビニかスーパーの安いやつくらいしか飲んだことはないんですが。

なので、1日で飲み切るならばその2つのうちどっちかを気分によって分けています。

伊右衛門と綾鷹の特徴比較

季節ごとに味が変わる・それが伊右衛門クオリティ

img-season01-2
img-season02-2
出典:季節で味を変える伊右衛門の秘密/SUNTORY公式HP

季節で味を変えてるんですねー。僕も今公式サイトを見て知ったんですけど(笑)

季節ごとの嗜好に影響を与えるものの1つに“香りの好み”があります。
実は、香りの好みは、過去にかいだ香り体験の積み重ね。
季節ごとに心地よいと感じる香りは、その時期にかいだ香りの記憶が元になっているのです。
引用元:同上

とのこと。確かに伊右衛門は香りがいいですよねー(*´ω`)
ただ四季ごとに香りも変えているとは気が付かなかったですね。

また、季節ごとに体の代謝量が違うので、カロリーもそれに合わせて作っているらしいです。素晴らしい心遣いですね、感服いたす。

急須で入れたようなお茶への果てなき追及ー綾鷹ー

main_img
出典:綾鷹/コカ・コーラ株式会社HP

CMでもやっている通り、綾鷹は本格的なお茶を目指して作っているようですね。
確かに、綾鷹にあるほどよい苦みというのは実感できるし素晴らしいですよね(*’▽’)

ちなみに綾鷹には「にごりほのか」という商品も出ていますが、そちらは綾鷹の苦みをできるだけ抑え、さわやかで上品な味わいにしたそうです。

   / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__) 偉そうに・・
  |     ` ⌒´ノ お前はほんとに違いを分かってるのか?
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ (\    ノ、
   /  \\く} j
   |  〈 ̄ ゙ヽ ヽ
   |  .に    }
   |   (___,ノ

         ____
       /     \
      / \   / \
    /  (●)i!i!(●)  \
    |  u , (__人__)    | な、なにを失礼な
    \    .`⌒´    〆ヽ 私はブログ村1違いがわかる男だぞ!(大嘘)
     /          ヾ_ノ
    /rー、           |
   /,ノヾ ,>         | /
   ヽヽ〆|         .|

製品HPの作りこみ具合で言うと、伊右衛門の方が若干凝ってますね。

結論・どっちも美味しい

せっかくの機会なので公式HPでちょっと特徴を調べてみたんですが、伊右衛門が四季ごとに味を変えているということを初めて知れて良かったかなと思います。
それを意識して飲んでみると面白いかもしれませんね。

まあ僕は引き続き500mlペットボトルは綾鷹と伊右衛門のガチ両刀でやっていこうと思います(⌒,_ゝ⌒)

ではではー

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大