【レビュー】LSシリーズを一通り聴いてきたので感想を書いてみる。

オーディオテクニカが新イヤホンLSシリーズを発売

どうもひでおです。

オーディオテクニカはしばらくの間IMシリーズがイヤホンの主力機種でありました。
audiotech
出典:IMシリーズ/Audiotechnica公式ページ


ですがこのたびオーディオテクニカから新しいイヤホンのLSシリーズが出まして、近所の家電量販店で視聴が出来たので、店頭でちょびっと曲を聴いていみた感想を書いていきたいと思います。

audiotecls7

LSシリーズを一通りレビュー

LS50

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-17-01-14

強靭な低音とクリアな中高音を両立する
デュアル・ダイナミック型ヘッドホン。

うむ、いかにもダイナミックという音だ。
全体的に音のバランスはいいが、高音の抜けが悪いというか、ちょっと詰まっているような感じを受ける。
後述する同じダイナミック型LS70と比較すると、高温の粗さが目立って感じた。

低温の量感としては、ウォークマン付属のイヤホンのようにボワボワしないが同じくらいの強さの低音が出ている。

ただ、エントリーモデルとしては十分な出来であると思う。

LS70

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-17-01-11

量感あふれる低音で音の輪郭が際立つ
デュアル・ダイナミック型ヘッドホン。

一聴して、LS50との違いがはっきりわかった。
高音はさらに綺麗に出るようになり、低音域もさらに深くまで沈み込むようになる。

特筆すべきところは、やはり深くまで沈み込む低音である。
低音んお量感が多い曲になると、LS50との違いもさらにはっきりしてくる。音楽を味付けしてくれる心地よい低音であると感じた。

値段差は多少あるが、LS50の純粋な上位互換の印象を受けたので、迷った場合はこちらをオススメする。

LS200

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-17-01-07

ハイトーンサウンドから熱気あふれる
音場まで描くデュアルBAヘッドホン。

ここからはBA機となる。
LS200はデュアルBAであり、やはり高音に寄ったチューニングになっている。
低音を期待する人には向かないが、高音の綺麗さはこのシリーズで1番であると感じた。

低音はだいたいCampfireAudioのORIONと同等くらい。
個人的には十分な低音である。

高音域はすごい特徴的な高音で、シャリシャリとした高音である。この高音域は好き嫌いが分かれるかもしれない。

僕はこのLS200がLSシリーズの中では一番気に入った。

LS300

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-17-01-04

低・中・高域に渡り豊かな情報量で音色を堪能するトリプルBAヘッドホン。

先ほどのLS200と比べると低域が豊かになったことが確認できる。
高温のシャリシャリ感もなくなり、より万人受けしやすいような音質となっている。

音の傾向としては後述するLS400と似通っている。LS400がドンシャリだとすれば、こちらはカマボコと言える。
LS400もそこまでドンシャリなわけではないが。

全体的にバランスのいい音だと言えるが、視聴した限りでは特筆して高音が綺麗、または低音の響きが凄いなどの特徴を捉えることができず、あまり魅力を感じなかった。

LS400

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-27-17-01-00

4基の高精度ドライバーにより音の写実性を極めたクアッドBAヘッドホン。

LS300よりも低音がさらに出るようになった。
さらに増えたとはいってもダイナミックのようなズンズンと響くものではない。包み込むような低音である。

試聴した限りでは音、というかボーカルが詰まっているような印象を受けた。
低音が高音の邪魔をしているのか、マルチドライバ特有のバランスの悪さからくるものかはわからないが、綺麗な高音とは感じなかった。

ただ、フィット感は抜群であった。shure掛けする物の中でもトップクラスの装着感だった。


総評

LSシリーズランキング

値段を考えないで個人的なランキングを作るなら
LS200>LS70>LS300>LS400>LS50
といった感じになります。

僕は高音厨なのでこの評価になっていますが、恐らく他の人だとどう感じるかはもちろんわかりませんし、ただの店頭での試聴の感想ということを踏まえていただければ嬉しいです。

音の傾向

音の傾向としては、(LS50とLS70)、(LS300とLS400)は似たような感じでしたね。唯一LS200はどれとも傾向が違った感じでした。

また、今回はフラッグシップ機にそこまで魅力を感じなかったですね。価格帯は少し違いますがse846と比べてしまうとどうしても基準が上がってしまう・・・

フィット感はどの機種も最高レベル

ただ、このLSシリーズは全部フィット感がとても良いです。耳の中にすっぽり納まります。

フィット感って二の次とか考えがちですけどとても重要ですからね。
僕はSONYのEX1000を売ってしまったのですが、それは結構フィット感も関係していますし。

特に上位機種の方がフィット感がいい気がしますが、基本の形状は一緒なのでシリーズ通してほとんど同様のフィット感を得られます。

オーテクの音作りが好きな人は要チェック!

LS50や、LS70については、この値段からshure掛け式で、ここまで装着感の良いものは、市場にあまりないと思われるので、フィット感を求めれば、それだけで買う理由になると思います。
思いつく限りではse215くらいしか思い浮かばないですね。

上位機種に関しても、オーテクの音作りが好きな人は、是非視聴してみて欲しいですね。

ではでは

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大