ついにグーグルのアップデート!!まとめは全部オワってしまうのか!?

どうもひでおです。

今日IT速報を眺めていると、こんな記事が

Googleは検索エンジンに対し、新たな変更を加えた。低品質なサイトの順位を下げるという。Google は、世界中のユーザーにとって検索をより便利なものにするため、検索ランキングのアルゴリズムを日々改良しています。もちろん日本語検索もその例外ではありません。その一環

Googleのアップデートねえ・・
ふんふん・・・って「まとめ検索順位低下だとおー!?」
       ____
   /::::::─三三─\
 /:::::::: (   )三(  )\
 |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
  \:::::::::   |r┬-|  ,/
  ノ::::::::   `ー’´  \

googleの公式ブログにてアップデートが告知される

記事元は今日2月3日Googleのブログにての発表によります。

Google は、世界中のユーザーにとって検索をより便利なものにするため、検索ランキングのアルゴリズムを日々改良しています。もちろん日本語検索もその例外ではありません。
その一環として、今週、ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。
今回の変更は、日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を意図しています。このような改善が、有用で信頼できるコンテンツをユーザーに提供する皆さんを、正当に評価するウェブのエコシステム作りの助けとなることを期待しています。
記事元:Googleウェブマスター向け公式ブログ

小手先のSEO対策を淘汰していく

c598af2c
つまりは記事クオリティよりも上位表示させることを第一に考えたSEO対策バリバリのブログを淘汰していきますという内容ですね。

IT速報ではアクセス数稼ぎのためにまとめサイトの検索順位が低下と書いてありますが僕の予想では普通のブログの方が影響を受けるのではないかと予想します。

ここで書いてある内容を純粋に受け取るならば、おそらくはまとめサイトというよりもSEO対策バリバリブログに対象を絞っているような気がします。

被リンクや文字数の優遇度の見直しとか?

例えば複数ブログをつくり被リンクをたくさん受け上位表示させる、あとはSIRIUSを使いぺラサイトで上位表示を狙う、とにかく縦長に文字数を増やすなどといったやり方の方が影響を受けるのではないでしょうか。

個人的に最近Googleは結構文字数が多い記事を優遇している印象ありましたしね。

とりあえず読者第一で考えてればええんやないかな

「記事中に上位表示させたいキーワードとなる単語をまんべんなく入れるようにしましょう」とか「見出しはH1、H2、H3と順に階層構造になるようにする」とか、ブログをやろうと思った方だと聞いたことあると思いますが、こういった小手先のテクニックはこれから通用しなくなるでしょう。

Googleの言っている「オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイト」ということの意味が不明瞭なのでいまいち的を得ませんが、まあとりあえず読者第一で考えて記事を作ってれば問題ないんじゃないかな。

まとめサイトへの影響は少ないと予想(願望)

hanahojiyaruo

まとめサイトはSEO対策をほとんどしない

一方でタイトルにも出した「まとめサイト」の観点からいうと、これは影響をそんなに受けないでしょう。

というのも、まとめサイトってあんまりSEO対策しないんですね。
僕が運営しているまとめサイトも見出しなんてほとんど使わないので「Hタグ」なんて無用の長物だし、キーワードも意識したことはないです。それでも上位表示されます。

修正が入るのは別のところ

つまりは現時点で上位表示されているということは、ユーザーの滞在時間や直帰率などの優位性から検索順位が優遇されていると考えられます。

今回修正がかかるのは記事構造のSEO対策からの評価のアルゴリズムだと思われるので大丈夫でしょう、たぶん。
というかまとめタヒんだら僕困るので死なないでくださいお願いします。

速報性と情報の多様性

実際僕がこの情報を得たのもit速報というまとめサイトからですし、なにより「速報性」があってかつ「多人数からの意見」を見られるというのはユーザーにとっても利益でしょう。
まあねつ造とか煽り記事が多いのはいただけないですが。

多人数からの意見の方が押しつけがましくなくて良いですしね。

その証拠に意見の押しつけがましいこのサイトは直帰率90%越えの検索順位もゴミというようにデータが示しています。
そりゃもちろんめちゃくちゃライティングスキルの高い人はこの限りではないでしょうが。

一方僕のまとめサイトの方は直帰率70%で検索順位もなかなかというこの皮肉・・

もしもの場合はYoutubeに行こう!

まあそんな感じの結論で記事を終わりたいと思います。
まとめ管理人として僕の願望も少し入ってるんですけどね・・

まあ、まとめがタヒんだらYoutubeに移行しようかな。

おしまい

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大