俺の研究室がこんなにブラックなわけがない

久しぶりの更新

今大学4年生となりまして、理系学生には「恐怖の」研究室決めが終わったわけですが。

なんとわたくし、ブラック研究室に配属されることが決定・・・・

してないのです!!!!!

なんだつまんねーの
hanahojiyaruo

まあなんとか希望の研究室に入ることが出来ましてですね、毎日コアタイムだらけプレゼンだらけのブラック研究室には入らずに済みましたとさ。

んで、入った研究室は情報系の研究室で、プログラミング言語を扱ってグラフィックスだったりディープラーニングだったりを扱うところです。

もともとPCは好きだし、プログラミング言語とは言えませんが、htmlやcssだったら多少触ってるし、一応phpにもちょっと触れたということで一番興味持てそうな分野かなーという安直といえば安直な理由で志望しました。


いまやってるのはC言語なんですが、とりあえずしばらくしたらPythonも使っていいらしい。

Pythonってなんかクールですよね(笑)

ちょっと最先端の言語触ってますよ感というか、名前も結構かっこいいですしね。

研究室のPCもかなりハイスペックで、部屋自体も綺麗なのでゼミがない日も積極的に行くようにしてます。
そんな感じで今のところ研究室での生活は結構気に入ってますねー。

一方で小耳にはさむ僕の大学でブラックそうな研究室の話

うわー
nennsyuuhikui

あるところは1週間に9回ほどゼミがあるらしい。

9回て、1日1回以上ゼミあるとかやってられんわwwww

しかもゼミでのプレゼンのとき教授が鬼厳しいとかww
いやーやっぱ研究室は教授の人となりで判断するべきですなーwww

またあるところはコアタイムが週5で朝の8時から夕方の5時とか6時まであるとかとか。

僕的にはコアタイムもイヤですねー

もう夜型の生活なので夜に研究室いって明け方に帰ってこれるくらいの時間には自由なとこが良いです。
今僕がそんな感じなんですが。

傾向として教授が企業出身だと研究室も厳しめになりがちかなーなんて思いました。

大学からそのまま上がってった人の方が研究室が緩いとこ多いですね。
僕の体感だとですが。

この先研究室配属されることがあったらそこらへんも考慮するといいかもです。

研究室の話題はここらへんで。

といっても他に話すこともないので記事もここらへんで。

ではではー

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大